\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

パナソニックHC-VX992MSをレビュー!ソニーFDR-AX45Aと違いを徹底比較・どっちがいい?

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

この記事は、パナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45Aでどっちがいいか悩んでいる方の向けにそれぞれの機能やスペックを比較しています。

我が家はこの2機種で最後まで悩み、Panasonic(パナソニック)の4KビデオカメラHC-VX992MSを購入しました。

パナソニックHC-VX992MSは機能・価格・携帯性のバランスが良い機種なので最初の一台にふさわしい機種だと思っています。

ただし、

  • 手持ち撮影が多い方
  • より高画質で撮影がしたい方
  • 動画をスマホからすぐにシェアしたい方

こんな方にはソニーFDR-AX45Aをオススメします。

我が家がパナソニックHC-VX992MSを3年使用し、上記のような考えに至った理由を紹介していきますね!

>>ビデオカメラは買わずに都度レンタルするのもおすすめです。詳しくはこちら!

▼その商品、Yahoo!ショッピングで3000円OFFで買えるかも!総額10,000円もらえるチャンスは2024年3月31日まで!

気になるところにジャンプ!

パナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45Aを比較どっちがいい?

ちゃんとしたメーカーの4K対応ビデオカメラを選ぼうとすると今はパナソニックとソニーの2強と言えます。

そしてそれぞれのスタンダードモデルがパナソニックならHC-VX992MS、ソニーならFDR-AX45Aなのですが、…どっちがいいか悩みますよね。

まずはパナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45Aのスペックから比較してみましょう!

パナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45A|
製品スペック・特徴を比較

 
Panasonic
(パナソニック)

SONY
(ソニー)
型番HC-VX992MSFDR-AX45A

本体
サイズ
幅×高さ×奥行㎜
(バッテリー装着時
)
65×73×14173×80.5×142.5
本体重量
(バッテリー含む)
約398g約560g
動画
解像度
4K4K
センサー
サイズ
1/2.3型1/2.5型
光学
ズーム
倍率
20倍20倍
手振れ
補正機構
光学式
5軸ハイブリット
手ブレ補正
光学式
空間手振れ補正
内臓
メモリー
容量
64GB64GB
35mm判換算
焦点距離
30.8~626mm26.8mm~536mm
F値F1.8~F3.6F2~F3.8
撮影時間約100分約160分
その他
機能
スマホ操作でリモコン撮影ができる
ワイヤレスワイプ撮影(フルHD画質)
あとから編集(フルHD画質)
高品質レンズと4K高画質技術
高画質動画とMP4動画の同時記録
自動ショートムービー作成機能
4Kタイムラプス
スロー映像
Amazon
参考価格

(2024.3月現在)
74,800円(税込)
楽天
Yahoo


102,800円(税込)
Amazon
楽天
Yahoo

公式ストア

icon
各製品の主なスペック
画像は楽天市場より引用

パナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45Aのスペックや機能は上記の表の通りです。

各製品の特長を簡単にまとめるとこんな感じ。

パナソニックHC-VX992MS
本体が小さく軽い
F1.8~レンズで室内でも明るく撮影できる。
スマホでワイヤレス撮影ができる。
スマホ動画を子画面に追加しワイヤレスワイプ撮影ができるがフルHD画質に落ちる
あとから編集は簡単だがフルHD画質に落ちる
ソニーFDR-AX45A
本体が大きく重い
手振れに強い
高品質レンズと画像処理技術で画質が抜群に良い
自動ショートムービー作成機能でスマホ・SNS用の動画編集が簡単

ぱっと見は価格が高い分ソニーFDR-AX45Aの方が高機能です。

ただしソニーの方が大きく重いので軽さや価格を重視する人にはパナソニックHC-VX992MSの方がおすすめです。

我が家が選んだのはパナソニックHC-VX992MS-T

パナソニック"HC-VX992MS"
お色は”カカオブラウン”
シックでかっこいい!

我が家がパナソニックHC-VX992MSを選んだ理由は次の2つです。

パナソニックHC-VX992MS
\決め手は2つ!/

  1. 4K動画撮影ができる機種なのに小さくて軽い
  2. 価格が安い

やはり一番は価格ですね!

ライバル機種として比較されやすい2機種ですが価格差は参考価格で20,000円以上となかなかな金額。

そして実物を見た時の大きさや重さの違いも決め手になりました。

パナソニックHC-VX992MSとソニーFDR-AX45Aの大きさを比較するとソニーの方が一回りは大きいです。

手に持ってみるとパナソニックは「軽い!」と思ったけど、ソニーは「重い💦」と感じたんですよね。

最終的には、
きっと撮影後は編集なんてしないからそのまま保存するよな…」と感じ、コンパクトさと我が家がビデオカメラに出せる金額の上限で折り合いをつけHC-VX992MSを選びました。

HC-VX992MSはピュアホワイト・カカオブラウン・アーバンレッドの3種類の本体カラーが選べます。

\ ピュアホワイト(HC-VX992MS-W)/

\ カカオブラウン(HC-VX992MS-T)/

\ アーバンレッド(HC-VX992MS-R)/

>>我が家がパナソニックHC-VX992MSを実際に使ってみたレビューはこちら!

やりたかったことや価格を考慮するとパナソニックHC-VX992MSを購入して後悔はしていませんが、
もう少しお金を出してソニーFDR-AX45Aを選んでいたらもっと便利だったかもな!」と感じる事もあります。

ハル

次に実際にパナソニックHC-VX992Mを使っている私が感じるソニーFDR-AX45Aの魅力を紹介していきますね。

ソニーFDR-AX45Aが向いているのはこんな人

\ ソニーFDR-AX45Aの魅力 /

私が感じるソニーFDR-AX45Aの魅力は以上の3つです。

手振れ補正の強さはもちろんですが、撮影後の動画編集機能の手軽さはソニーが上だなと感じます。

ソニーFDR-AX45Aの魅力①
手振れ補正が強力

icon

まずソニーFDR-AX45Aの1つ目の強みは手ぶれ補正が協力なことです。

ソニーのビデオカメラと言えば「空間手振れ補正」という技術ですね。

この空間光学手振れ補正については40秒のソニー公式動画を見て頂くのが一番わかりやすいと思います。

ソニーの空間光学手振れ補正の動画です
こんなに手振れしないのは圧巻ですね!

我が家は今のビデオカメラを買う前にソニーのフルHDビデオカメラのHDR-CX680をお試し利用したことがあります。

画質は間違いなく4Kの方が綺麗ですが、手振れ補正の強さはパナソニックよりソニーが上ですね。

ただしパナソニックの最新4KビデオカメラのHC-VX2MSはソニーの空間手ぶれ補正に負けてないなと感じました。

ソニーFDR-AX45A魅力②|
「4K&MP4動画の同時記録&ショートムービー自動作成機能」で動画のシェアが簡単

ソニーFDR-AX45Aの2つ目の魅力は動画のシェアが簡単なことです。

これはソニーFDR-AX45Aには次の2つの機能が備わっているからです。

  • XAVC S 4K/HD動画とMP4動画の同時記録
  • ショートムービー自動作成機能

「XAVC S」というのはSONYの独自規格でMP4の一種です。
Panasonicが4K動画を「4KMP4」というのと同じですね。

ハル

イベント後にじぃじばぁばなどから
「動画送って~!」と催促されませんか?

動画編集をしたことがある人ならわかると思うのですが4K動画ってデータサイズが大きくて編集が大変なんです💦

運動会とかの長丁場の録画ならデータをHDDなどに移すだけでも時間がかかり、まぁめんどくさい。

私は遠方のじぃじばぁばに動画をシェアする時は4K⇒フルHD画質に落としてからショートムービーを作成して「みてね」という写真・動画共有アプリでシェアしています。

ですがこの「XAVC S 4K/HD動画とMP4動画の同時記録」を行えばスマホや動画シェアする為の4K⇒フルHDへの変換が不要なんです。

さらにショートムービー自動作成機能があるので、SNSや親戚への動画のシェアがすごく楽になりますよね!

ハル

動画編集したいけど苦手な人にはFDR-AX45Aはおすすめです!

ソニーFDR-AX45A魅力③|
カメラやレンズの性能が高い

ソニーのカメラは…

  • レンズの映りが良い
  • オートフォーカスが爆速
  • 画像処理技術が高く画質も良い

ソニーFDR-AX45Aの魅力の3つ目はカメラやレンズの性能が高いことです。

私はソニー製コンデジのRX100M6を愛用しているのですがら、ソニーのカメラは上記3つの性能が抜群に良いんですよ!

ソニーのビデオカメラも同じ技術が使われているでしょうから、きっと写りも良くフォーカスも早く使いやすいだろうなぁと信頼感が高いんです。

この3つの魅力から考える私がソニー製品をおすすめする人はこんな人!

  • 手持ち撮影の機会が多い人
  • SNSで簡単に動画をシェアしたい方
  • 画質の良さによりこだわりたい方
  • レコーダーやカメラをSONY製品で揃えている方
ハル

Sonyから出ている4Kカメラはたくさんあります。
初めて買うなら以下の2機種がオススメです。

パナソニックHC-VX992MSのライバル
\ 機能で選ぶならSONY /

外での撮影に強い!
\ ファインダー付きの上位機種 /

SONY製品を購入するなら保障が手厚いソニー公式ストアがオススメ!

icon

SONYのハンディカムを購入すると特にメリットがたくさん!

≫詳しくはこちらから!

  • 3年間の長期保証
    • メーカー保証と同等の内容を3年間長期保証
      しかも無料!(PS4など一部対象外の製品あり)
    • 破損・水ぬれ・火災を補償する有償プランあり
  • My Sony ID新規登録特典で10%offで購入できる
    • 更に年2回の定期クーポンでよりお得に!
  • 下取り&残価設定クレジットor分割払クレジットで月々の支払を抑えて商品を購入できる。
    • 分割払手数料0%キャンペーン中!詳しくはこちら

今だけ新規登録で
\10%offクーポンがもらえる /

パナソニックHC-VX992MSをレビュー|
使ってみて感じた4つのデメリット

HC-VX992MS前面、ライカのレンズ
HC-VX992MS前面、ライカのレンズです

ここからはパナソニックのHC-VX992MSをレビューしていきます。

まずは実際に使ってみて気になったデメリットから解説していきますね。

HC-VX992MS
\イマイチな所は4つ/

パナソニックHC-VX992MSのデメリット①|
充電しにくい

HC-VX992MSの充電口
バッテリーへのメイン充電は
カメラ右後方のカバーをスライドして行います

ビデオカメラへの充電方法は次の2つの方法がありますが、どちらも使いにくいなぁと感じます。

  • メイン充電は専用のDCケーブルを使わないと充電ができない
  • Micro USB Type-Bを使った充電はカメラモニターを開かないとできない

最近出ているカメラはUSB充電ケーブルでの充電に対応している物が多いですよね。

このビデオカメラのメイン充電はこれにしか使えない専用ケーブルが必要となります。

HC-VX992MSのMicro USB Type-B
Micro USB Type-Bは
モニターをパカッと開いた中にあります

Micro USB Type-Bを使った充電もできるのですが、カメラのモニターを開かないと充電ができません。

またこの方法は録画をしながら充電できません

つまりMicro USB Type-Bの端子はデータ移行をメインに使う物ということですね。

ハル

専用ケーブルじゃなくて
Micro USB Type-Bか
USB Type-Cで充電できたら良かったのにな。

パナソニックHC-VX992MSのデメリット②|
写真撮影機能では綺麗に写真が撮れない

HC-VX992MSのボタン

HC-VX992MSはズームレバー下の「フォトショットボタン」を押すことで写真を撮る事も出来ますが、
正直画質はイマイチです💦

先ほど説明した通り動画から写真を切り出す方がずっと綺麗に写真が残せます。

HC-VX992MSは本体にある機能で簡単に写真が切り出せるんですよ!

やり方は撮った動画を再生して写真にしたい所でフォトショットボタンを押すだけ!

ハル

ポイントは再生中に一時停止ボタンを押して
コマ送り再生にしてから良い場面を選ぶこと!

撮影日時を写真の日時として登録もしてくれるよ。

実際に撮った写真を比べてみましょう!

娘ちゃん

モデルは
わたしが可愛く飾りつけしたお人形だよ♪

HC-VX992MSフォトショットボタンで撮った写真
フォトショットボタンで撮った写真
シャッター速度がもっさりしてるので動体なら間違いなくブレます💦
HC-VX992MS動画から切り出した写真
動画から切り出した写真
コマ送りで良い場面を選べる!
ハル

どうでしょうか?
動画から切り出す方が明るくてピントが合っていて綺麗でしょ!

パナソニックHC-VX992MSのデメリット③|
手振れ補正はソニー製品に劣る

画像引用:楽天市場

パナソニックHC-VX992MSの手振れ補正機能は、子供を追いかけるなど自分も動きながら動態を撮影する場面ではソニーよりも効きが悪く感じました。

ハル

HC-VX992MSでも充分手振れ補正してくれるんだけど、
Sony製品と比べたら…という話ね。

先ほども説明した通り手持ちで撮影する機会が多い方はソニー製品をオススメします。

価格は高くなりますがソニーの空間手振れ補正はお金を出す価値がありますよ!

旦那ちゃん

我が家は娘ちゃんの幼稚園も通う予定の小学校も三脚OK

手持ち撮影する機会は少ないのでパナソニック製品で満足しています。

パナソニックHC-VX992MSのデメリット④|
「ワイプ撮り」や「編集機能で編集する」とすべてフルHD画質になる

ハル

私がこのHC-VX992MSを購入したらやってみたかったのが
次の2つの機能。

ワイヤレス
ワイプ撮り

スマホで撮った動画をビデオカメラで撮った動画に”子画面”として一緒に残せる

あとから
編集

上手に撮れなくても後から”クローズアップ”や”画角の調整”などができる

>>詳しくはメーカーホームページ

この機能なんと2つとも4K動画に対応していませんでした💦
つまりどちらもフルHD画質になってしまいます。

旦那ちゃん

4Kで映像を残したいからこの機種を選んでいるのに、
編集したらダウングレードするのが嫌で使っていません。

パナソニックHC-VX992MSのメリットは操作が簡単で軽いこと!

HC-VX992MSの液晶画面
液晶も大きくて見やすい!
旦那ちゃん

次はいよいよ
使ってみて良かった所だね!

HC-VX992MS
\良かった所は4つ/

パナソニックHC-VX992MSのメリット①|
4Kビデオカメラなのにバッテリー込みで398gと軽くてコンパクト

スクロールできます

ソニー
HDR-CX470

パナソニック
HC-VX992MS

ソニー
FDR-AX45A
動画解像度フルHD4K4K
本体サイズ
幅×高さ×奥行き㎜
(バッテリー装着時)
54×59.5×12865×73×14173×80.5×142.5
本体重量
(バッテリー含む)
約215g約398g約560g
画像引用:楽天市場
左は人気のソニーのフルHDカメラ
右へ高機能になるほど本体は大きく重くなる

HC-VX992MSは4Kビデオカメラの中では抜群に軽くコンパクトです!

HC-VX992MSの大きさ ペットボトルと同じ位
500mlのペットボトルよりも一回り小さくずっと軽いです
旦那ちゃん

4Kビデオカメラでこの軽さはすごいよね!

公式HPでは「4K AIR」と表現しているよ!

パナソニックHC-VX992MSのメリット②|
F値1.8~のレンズで室内でも明るく撮れる

娘ちゃん

F値ってなぁに?

ハル

カメラのレンズの絞り値(光量調節)の事だよ。
(長くなるので詳しい説明は省略)

小さい数字ほど暗い場所でも物を明るく写せるよ。

F値1.8~のレンズはお遊戯会などの室内行事でも子供を明るく綺麗に撮影する事ができます。

HC-VX992MSのF値はF1.8~F3.6なので満足できる明るさで4K動画が取れますよ。

パナソニックHC-VX992MSのメリット③|
モバイルバッテリーで給電しながら撮影ができる

HC-VX992MSをモバイルバッテリーで充電しているところ
バッテリーを外してもモバイルバッテリーを繋げば
撮影ができます!

もし付属のバッテリーの残量がなくなっても専用ケーブルさえあれば手持ちのモバイルバッテリーで給電しながら撮影を行うことができます

旦那ちゃん

ということは高い予備バッテリーはいらないってことだよね?

ハル

そういうことだよ!
すごく便利でしょ!

パナソニックHC-VX992MSのメリット④|
簡単操作で初めて触る人でも失敗知らず!

HC-VX992MSの操作方法
動画撮影ボタンを押すだけで撮影開始!

HC-VX992MSは操作がとても簡単!

パネルを開いて「動画撮影ボタン」を押すだけで撮影ができます
あとはズームで画角を調整するだけ!

オートモードが優秀なので他に設定をしなくても誰でも綺麗に4K動画が撮影できますよ!

旦那ちゃん

僕はカメラ初心者だけど、
ぶっつけ本番でも綺麗に撮影できたよ!

HC-VX992MSのメリットとデメリットのまとめ|
機能・価格・携帯性のバランスが良い良機種!

ハル

HC-VX992Mのメリットとデメリットをまとめるとこのようになるよ。

メリット
4Kビデオカメラなのに軽くてコンパクト
F値1.8~のレンズで室内でも明るく撮れる
モバイルバッテリーで給電しながら撮影ができる
簡単操作で初めて触る人でも失敗知らず!
デメリット
充電方法が使いにくい
写真撮影機能では綺麗に写真が撮れない
手振れ補正はソニーに劣る
ワイプ撮りや編集機能で編集するとすべてフルHD画質になる

デメリットもありますが総合的には
機能・価格・携帯性のバランスが良い機種で万人にオススメできる機種だと思います。

HC-VX992MSと一緒に購入した方が良い物は?

HC-VX992MSと三脚
ハル

では最後にカメラと一緒に購入した方が良い物をご紹介しますね。

本体と一緒に購入した方が良い物は3つ

この3つは
\一緒に購入をオススメ/

三脚・一脚

我が家の三脚は父のお下がりです。

ビデオカメラを買うなら三脚か一脚はセットで用意しましょう!
ビデオカメラは長時間撮影する前提の製品なのでずっと手持ち撮影は疲れます💦

旦那ちゃん

500mlのペットボトルとか350mlのペットボトルをずっと固定して持ち続けると思ったら大変だよね!

家庭用にちょっと撮影するくらいなら正直安いのでいいと思います。

今ならAmazonとか楽天で2,000円~3,000円位でもありますね!


三脚が使えない場面に便利なのが一脚!

文字通り足が一本しかないので自立はしませんが、一脚を使うだけで手振れが抑えられますし何より楽です!

\ 一脚の定番はコレ! /

\ 自撮り棒や簡易三脚にもなるこんな製品も便利! /

カメラケース

エレコムのカメラケース”Lサイズ”
ぴったぴた!

せっかく購入した大事なカメラなのでちゃんとしたケースはあった方が良いかなと思います。

小物を一緒に保管しておく方が何かと便利なので、
最低限充電用ケーブルと送信用ケーブルが入るサイズの物がオススメです。

ハル

我が家はこちらの製品を使っているけどちょうどぴったぴったです!
もうちょっと余裕があってもいいけど鞄の中に入るからちょうど良いかな。

SDカード(1時間半以上撮るなら)

HC-VX992MSには内臓メモリーが64GB分あるので4K動画であれば約1時間半位は内臓メモリーに保管する事ができます。

もしイベントで1時間半以上撮影する可能性がある場合は、別にSDカードを購入してくださいね。

ハル

我が家はまだ幼稚園のイベントだけだから
”内臓メモリー”だけで容量は大丈夫だったよ。

もしSDカードを購入する場合は、
4Kの速度に対応したスピードクラスClass10の製品を購入してくださいね!

旦那ちゃん

128GB位あれば約3時間は撮れるのでかなり安心できるね!

余裕があれば買った方が良い物は?

娘ちゃん

4Kの動画はものすごーくデータが大きいよ。

ですのでパソコンに保存していくのは重くなるのでオススメしません。

そのため動画を保存しておくための
外付けハードディスクドライブ(HDD)かブルーレイレコーダーあると便利です。

ハル

個人的には外付けHDDが管理しやすくてベストだけど、
対応のレコーダーがあればそこに動画を保存しておくこともできるみたいだよ。

画像引用:楽天市場
旦那ちゃん

レコーダーに保存したらテレビに映して見るのが簡単そうだね。

パナソニックストアでは高機能レコーダーをサブスクできます。
>>パナソニックストアにレコーダーのサブスクの詳細を見に行く

買わなくてもいい物は”予備バッテリー”

バッテリーを外しても
モバイルバッテリーからの給電で撮影できる

メリットでも説明した通り、モバイルバッテリーで給電しながら撮影ができるので別売りのバッテリーは不要です。

旦那ちゃん

モバイルバッテリーを持っていない方は購入しても良いと思いますが、純正品は8,000円以上するね💦

ハル

だからスマホに使えるモバイルバッテリーでいいと思うよ。
10,000mAh以上の物が1,000円台で売っているよ。

4Kビデオカメラはレンタルもおすすめ!

1ヶ月まるまる借りれる
カメラのサブスクサービスも誕生しています

「4Kビデオカメラの良さはわかったけど、年に数回使うだけだし価格が高くて手が出ない…!
という方には入学式や運動会のイベント毎にビデオカメラをレンタルするのはいかがでしょうか?

この機種ならこれをチョイス!
ハル

ビデオカメラは入学式や運動会、発表会などのイベント時には在庫がなくなり高騰しがち。

そんな時期こそレンタルがおすすめです!

まとめ|
パナソニックHC-VX992MSは軽さ、ソニーFDR-AX45Aは手振れケアしたい人におすすめ

この記事では
パナソニック”HC-VX992MS”を|ソニー”FDR-AX45A”と違いを比較・どっちがいい?」というテーマでソニーとパナソニックの人気4Kビデオカメラの違いを徹底比較してみました。

パナソニック
HC-VX992MS
が優れている所
ソニー
FDR-AX45Aが
優れている所
軽さ
コンパクトさ
手振れ補正
機能性
\こんな人におすすめ/
軽くてコンパクトな機種が欲しい人
三脚が使える人
価格を安く抑えたい人
レコーダーやカメラをパナソニック製品で揃えている人
\こんな人におすすめ/
手持ち撮影の機会が多い人
SNSで簡単に動画をシェアしたい
画質の良さによりこだわりたい
レコーダーやカメラをSONY製品で揃えている人

子供はあっという間に大きくなります。

ハル

貴重な小さい頃の瞬間を
4Kビデオカメラで綺麗に残しておきましょうね!

おトクな楽天経済圏を攻略しよう!
《 初心者用オススメ記事4選 》

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところにジャンプ!